髪は薬の力で復活できる|髪の毛が薄くなるのは男性だけじゃない!女性の薄毛問題の解決方法

髪の毛が薄くなるのは男性だけじゃない!女性の薄毛問題の解決方法

男の人

髪は薬の力で復活できる

薬

効果を高める服用の仕方

薬剤の効果を高めるためには飲み方にもこだわる必要があり、AGA治療薬のプロペシアは1日1回を毎日服用してください。横浜の発毛クリニックでは毎日同じタイミングでの服用を勧めるところが多いですが、これは飲み忘れを防ぐためです。その日によって朝食前、昼食後、就寝前などと別々の時間帯に服用するより、昼食後などと決めておいたほうが忘れません。また血中濃度を一定に保つメリットも期待できるので、1日1錠を同時刻に服用するのが好ましいでしょう。横浜でプロペシア治療を受けている方は、ネットの影響もあり確実に増えています。男性ホルモンを抑える薬のため、男性の薄毛のほとんどを占めるAGAに効果を発揮します。20代〜30代で髪が前より薄くなったと感じた男性は、ほぼAGAだと考えてよいでしょう。

安全なAGAの治療薬

医師の処方箋なしでは購入できないプロペシアですが、一般的に認識されているよりずっと安全な薬です。AGA治療においても血行促進は大切であり、育毛剤や発毛剤によるケアは効果的ですが、それ以上に優先したいのが男性ホルモンの抑制なのです。女性が薄毛になりにくい原因は、男性ホルモンの分泌が極めて少なく、前頭部・てっぺんの毛髪が影響を受けにくいことがあります。横浜の発毛クリニックは全国的に見てもレベルが高く、3ヶ月で発毛を実感している方も少なくありませんが、プロペシアの服用は原則として6ヶ月以上が基本となります。横浜でプロペシアを処方する医療機関には皮膚科・内科などがありますが、薬物療法以外の治療も受けたい方には発毛専門クリニックを選ぶとよいでしょう。